前へ
次へ

老衰のペットをペット葬で送る

我が家の愛犬は、17年で旅立って言ってしまいました。
最後の方は目も良く見えなくなってしまい、足腰が弱ってしまったので老犬介護をすることになり、大変なこともありましたが、最後まで看取ってあげることができてよかったと感じています。
最後はそっと息を引き取り、老衰であの世に行ってしまったのです。
悲しかったことは事実ですが、長年一緒に過ごせたことを感謝しつつ、最後は丁寧に見送ってあげようということで、ペット葬を利用することにしました。
ペット葬の業者に連絡したところ、日時を指定してスタッフの方が自宅までペットを引き取りに来てくれました。
火葬方法に関しては選択肢が色々と提示されましたが。
個別火葬をお願いして、後日遺骨を届けてもらうことにしたのです。
引取火葬もできますが、それでは悲しすぎるのでせめて遺骨だけでも引き取って自宅の仏壇においてお参りをしてあげたいと考えたので、個別火葬を依頼することにしたのです。

Page Top