前へ
次へ

公営が行っているペット葬の特徴について

ペット葬が行える業者はいくつかありますが、その中でも公営が営業しているペット業者があります。
公営のペット葬の特徴の1つとして、代替的にペットの葬儀を行っているという事は宣伝されていないとう点があります。
人が亡くなった時に火葬する火葬場に、ペット用の火葬場が併設されていることが殆どになります。
大きな特徴として葬儀自体は行えず火葬のみがメインになります。
そのため火葬自体の費用などはとても安く抑えられるという点があります。
公営の場合はペットの葬儀を行ってないので、火葬できるペットも限られていることが多いです。
基本的に犬や猫に限られており、小動物や珍しいペットの場合は火葬が行えない事が殆どと考えておくとよいです。
また火葬しても遺骨は殆ど残らないので、遺骨自体も戻ってこないということも多いです。
納骨堂などの併設もないため、あくまでも火葬を行う施設だと考えておくとよいです。
公営の場合は葬儀という感じではなく火葬をする場所と考えると良いです。

Page Top